詐欺被害・調査

大豆イソフラボンを上手に取る

大豆は身体に良いって言うけれど・・どんな効果があるのでしょう??

大豆の栄養のなかでもうれしいのが、女性ホルモンに似た構造を持つ大豆イソフラボンの作用ですね。
イソフラボンは乳腺では女性ホルモンの働きを抑えて乳がんのリスクを抑える一方、骨ではカルシウムの流出を抑えます。また、閉経で女性ホルモンの血中濃度が下がると、それを補うような働きをしてくれますよ。

大豆は女性の味方です(^_-)-☆

アスリートが実感!冬虫夏草

大豆といえば「納豆」
納豆の良いとこを紹介します!!

●納豆菌
ゆでた大豆を発酵させて納豆にする菌ですね(#^.^#) 腸内では、善玉菌の毒になる活性酸素を分解する酵素と、善玉菌の餌となる栄養を作り出して、善玉菌をサポートします。お腹の調子を整えてくれますよ。
●大豆オリゴ糖
胃腸で消化されにくい難消化性の糖。腸まで届くので、腸内細菌の餌になって腸内環境を整えます。血糖値や中性脂肪を上昇させにくくする作用もあるので、脂っこい料理のお供にどうぞ。
●大豆イソフラボン
抗酸化力が強いポリフェノールの一種。女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持っています。月経前症候群や骨密度の低下など、女性ホルモンの低下やホルモンバランスの乱れが原因の不調を軽減。乳がんを予防する作用もあります!

健康食品・サプリを探す!
ダイエット・健康 | 美容・コスメ・香水 | 

!コエンザイムQ10で若さを保つ!
大豆イソフラボンを上手に取る

恋愛ゲーム 美容コスメ